プレミアムな羽毛布団リフォーム登場!
羽毛布団リフォーム


立体キルト
タイプ
金額
(税込)
ツインキルト
タイプ
金額
(税込)
オールシーズン
タイプ
金額
(税込)
シングルから
シングルへ
リフォームする
プレミアム
コース
\47,500
(\49,875)
プレミアム
コース
\50,500
(\53,025)
プレミアム
コース
\68,500
(\71,925)
セミダブルから
セミダブルへ
リフォームする
プレミアム
コース
\57,000
(\59,850)
プレミアム
コース
\60,600
(\63,630)
プレミアム
コース
\82,200
(\86,310)
ダブルから
ダブルへ
リフォームする
プレミアム
コース
\66,500
(\69,825)
プレミアム
コース
\70,700
(\74,235)
プレミアム
コース
\95,900
(\100,695)
ダブルから
シングルへ
リフォームする
プレミアム
コース
\49,500
(\51,975)
プレミアム
コース
\52,500
(\55,125)
プレミアム
コース
\70,500
(\74,025)
クィーンから
クィーンへ
リフォームする
プレミアム
コース
\76,000
(\79,800)
プレミアム
コース
\80,800
(\84,840)
プレミアム
コース
\109,600
(\115,080)
※ここに掲載のサイズ以外も色々対応できます。下記のフリーダイヤル・メールでご相談くださいませ。

    
    

生地のこだわり

ホワイト系

「ダマスク織り」ジャガード織りについて
「ダマスク織り」とは、ジャガード機にて大柄のモチーフをくっきりと浮き出させ、絹のような光沢を持つ紋織物です。きめ細かな織目、輝き、そして絶妙なデザインなど、独自の世界を持ち、現在ドイツ(バウアー社)の商品は、ドイツ国内のみならず、他の国でも高級レストランやホテルのファブリックとして使用され、その品質、感性の高さは実証されています。美意識の高いお客様に満足いただける、高級なファブリックです。ベルリンのNO.1ホテル「Hotel Adlon」「South African航空」のファースト&ビジネスクラスなどで使用されております。


ピンク系 ブルー系

「セーラムスビン SalemSuvin(R)」について
インドのセーラム地方の豊かな自然と大地に育まれた世界最高峰の繊維長をもつ「スビン」を使った贅沢な素材です。
「スビン」はインド原産の「スジャータ綿」と西インド諸島の「海島綿」(ヴィセント綿)との交配種で、土壌や気候の限られた地域で、手摘みで収穫される貴重なコットンです。超長繊維綿「スビン」から作られた紡績技術の限界といわれる「300/2R」の超極細糸使いの緯5枚朱子ですので、シルクのような光沢としなやかさを持ち、極めて薄く、また99g/平方メートルと、綿サテンの羽毛ふとん地ではじめて100g/平方メートルを切った極めて軽い最高級羽毛ふとん地です。


羽毛のこだわり


マザーグースについて
水鳥〔グースとダック〕の羽毛はフェザー〔羽根〕とダウン〔胸毛〕に別けられますが、良い羽毛布団に使われるダウンは胸元を中心にごく一部しかありません。このため、一枚の羽毛布団を作るのに120〜150羽分の羽毛〔ダウン〕が必要とされます。もし、羽毛を取る為だけに飼われていたとするととてつもない金額になってしまうと思います。
さいわい水鳥は主に食肉用として飼育されており(ポーランド・ドイツではグースの肉を食べます)羽毛はその副産物です。このため、お肉が柔らかくておいしい若鶏の内〔通常で飼育期間はダックで1,5ヵ月、グースで4ヵ月以内〕に食肉に加工され、その段階でマシンピッキングにより羽毛が採取されます。
そして全体のごく一部〔5%以下〕が次代の水鳥を生産する為に卵を採取する目的で一年以上飼育されます。その親鳥の羽毛がいわゆるマザーグースダウンと呼ばれています。

成鳥(親鳥)ですので体格が大きく 当然、ダウンボールも大きく羽毛としての保温性が優れ 羽毛の耐久性としても優れた羽毛です。
親鳥としてのグースは3−4年飼育されその間に年3−4回ハンドピック〔手摘み〕で羽毛が採取されます。これがマザーグースと呼ばれ〔羽毛の宝石アイダーダックダウンを除けば〕羽毛布団の充填物として最高の保温性・耐久性を持った羽毛です。通常、冷寒地で越冬した親鳥から採取されたグースの羽毛は嵩高170mm以上(ダウン率90%以上で)あり、業界ではマザーグースの証とされています。世界で年間わずか、2.5トンしか採取されない貴重価値のあるアイダーダックダウンを除いて、マザーグース・ダウンは最高の羽毛布団原料です。(日本羽毛製品協同組合 技術顧問談)

一年以上経った親鳥から採取された羽毛である事と嵩高170mm以上ある事が業界で共有されているマザーグースの最低基準です。 いい物はいい物として良さをお知らせしつつ大切に扱っていく事が消費者の皆様のためにも必要な事だとすやすやは考えています。中途半端な物で安売り合戦に走り、消費者の皆様の信頼を失う結果になってはいけないと思っています。

ですから業界では上記の2つの項目
1. 一年以上経った親鳥から採取された羽毛である事
2. 嵩高170mm以上ある事

以上をクリアーしている羽毛をマザーグースの最低基準としているのですが、こういうルールなしに何でもかんでも「マザーグース」と称する羽毛布団が出回っていることを業界としても危惧しています。

プレミアムマザーグースについて

ポーランドでは戦後デンマークから「イタリアンW種」という種鳥を輸入し国営の孵化上で孵化したヒナを国中の農家に供給してきました。そのグースがマザーグースとして良質なグースを生み出しているのです。特にポーランドでは「真っ白いダウン」を作り上げることに力を注ぎ白い胸毛を持った親鳥・体格のよいグースを優性としてその血統を維持してきました。そのため今ではポーランドのダウンは「真っ白いダウン」として、珍重され 特にキレイ好きの日本人に好まれるようになりました。またマシーンピックのグースはまだまだ成熟していないヒナの段階でダウンをとりますがマザーグースは成熟した成鳥から1羽1羽ハンドピッキングで、丁寧に採取します。そのためダウンボールの損傷が少なく成熟した大きなダウンボールを供給してくれます。今では年間7万羽のマザーグースたちが供給され各農場で大切に育てられています。
その中でも
かさ高180mm以上の特にダウンボールの大きなマザーグースをプレミアムマザーグースと名づけ グレードの低いマザーグースとの差別化を図っています。





\49,875 \53,025 \71,925
\59,850 \63,630 \86,310
\69,825 \74,235 \100,695
\51,975 \55,125 \74,025
\79,800 \84,840 \115,080


















 掛けカバーについて
リフォームする羽毛布団の掛けカバーは必ず「外して」お送りください。(大量注文により、紛失の恐れがある為) ただし羽毛が側生地損傷により、飛び出す等の場合、掛けカバーを付けた状態で承ります。しかしその場合、解体作業中に掛けカバーが損傷する場合がある為、掛けカバーの返却は出来かねます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。



のっぼさんサイズ
「羽毛布団リフォーム」ついに念願の「230cm丈」登場!のっぽさん(身長178cm以上の方)は、
各サイズ別のアップグレードコースにご用意させていただきました♪












羽毛ふとんリフォームって「以外と簡単」なんです。注文してから「最短で3週間」。夏場の猛暑を利用してリフォームとかもアリです♪秋口まで大切に保管も致します。ひと通りの流れをご覧ください。 羽毛ふとんリフォームの作業工程。お客様よりお預かりした羽毛布団を「これって新品?」のような仕上がりに♪とても手間のかかる作業ですが、日々職人が頑張っております。