羽毛布団の寿命は何年?耐用年数を知っておこう!

1日疲れた身体を休める場所である布団がフッカフカだと心地よいですよね。
「でもなんだか最近布団が固くなってきている気がする」
「最初の頃はもっとフカフカだった気がするのにどうして?」
という疑問をお持ちなら、それはずばり布団の買い替え時期であるというサインです!

しかし、決して安くはない羽毛布団を毎回買い替えるのはお財布に優しくありませんよね。

そこで今回は、羽毛布団にどういう症状が現れた時がリフォーム時期なのかについてご紹介します。

〇羽毛布団の耐用年数

羽毛布団は「放湿性」と「吸湿性」に優れているので、きちんとしたお手入れをしていれば普通の綿布団よりも長持ちします。
その耐用年数はおよそ10年ほどであると言われています。

長く使えるからこそ、中には同じ羽毛布団を20年ほど使う方もいらっしゃるようですが、それだけ長い期間使っていると見えない部分で羽毛は確実に消耗されてしまっています。

そうなると羽毛布団特有の保温性が発揮されなくなり、フカフカさが軽減されてしまうため、「最近布団のカサが減り始めた気がする」「最近布団に入っているのに全然温まった気にならない」と感じたら、それは布団がSOSを出しているサインなのです!

〇羽毛の種類によって寿命は異なる?

一口に羽毛布団といっても、何の鳥の羽毛を使用しているのかによってその耐用年数は異なります。
一般的には、マザーグースが一番良品質のものであると言われており、グース、マザーダック、ダックになるに連れてその品質は低下していきます。

〇10年を超えた羽毛布団はもう使えない?

羽毛布団を5年程使い続けていると布団の中にある羽毛に寝ている間にかいた汗や垢が染み込んでいき、汚れがたまり始めます。
この汚れ同士がくっつくことで羽毛布団のカサの減りを感じ始めることになります。

そして更に5年後にはもっとカサが減ることで羽毛布団の特徴である保温性すら失われてきます。
また機能性の低下だけではなく、羽毛布団自体の生地の色あせや汚れも気になってくることでしょう。

今回は羽毛布団の耐用年数についてご紹介しました。
今お使いの羽毛布団の機能性を少しでも長持ちさせるためにはこまめにカバーを洗濯し、直射日光の当たるところに布団を置いていないかどうか、布団たたきで羽毛布団をたたいていないか、といった普段のお手入れ方法にも注意してみてくださいね。

それでも購入から10年ほど経った場合には羽毛布団の老朽化は避けて通れません。
その時には買い替えるかリフォームに出すかを検討しましょう!

羽毛布団の寿命は意外と短い!寿命がきても羽毛布団リフォーム(打ち直し)で安心

皆さんは羽毛布団を購入時からどれくらい使用されていますか?あまり羽毛布団の寿命を意識することがないので、何年もご使用になられている方が多いと思います。

しかし、羽毛布団を気持ち良く使用できる期間は意外に短いです。

お使いの羽毛布団は快適でしょうか。何か違和感などあれば、見直す必要があります。

そこで今回、羽毛布団を見直す時期や今話題の羽毛布団リフォーム(打ち直し)についてご紹介します。

○羽毛布団を見直す時期

羽毛布団の寿命と言っても、どんな毛を使っているのか、どこのメーカーのものかで大きく異なります。また、ご使用の環境や使用者の体質などによっても影響されます。

その中でも、多くの方が10年、長い方で15年と愛用されていらっしゃいますが、羽毛布団を気持ちよくご使用できる期間は5年が目安とされています。

「高級品だから安心!」という方も、高級品だからといって必ずしも長持ちするとは限りません。それは使い心地に重点を置いたものであって、長期使用に重点を置いたものではない可能性が高いからです。

購入から5年経てば、ご自身の羽毛布団の状態をチェックする必要があります。

○劣化を感じた、見つけたとき

劣化を知らせるサインとして、ふくらみが無くなった、重くなったなどいくつかございます。それらに該当すれば、買い替えまたは修繕が必要です。

しかし、「結婚したときに購入した」「母親に買ってもらった」など思い入れがあったり、高級品であったりすると、なかなか買い替える気になれませよね。ずっと置いておくわけにもいかないし、捨てるわけにもいかないのでどうすればいいか困ってしまうと思います。そんな場合は、「羽毛布団のリフォーム(打ち直し)」がおすすめです!

○羽毛布団のリフォーム(打ち直し)は?

羽毛布団のリフォーム(打ち直し)とは、その名の通りお客様から預かった羽毛布団を修繕するサービスになります。

工程としては、まず羽毛布団を特殊クリーニングで丸洗いします。その後、羽毛布団の中の使えなくなった羽毛を取り除き、残った羽毛に空気を与えパワーアップさせます。

次に、新しい羽毛を加えそれを側生地内に充填させることで、新品同様の心地良さが復活します。

この羽毛布団リフォーム(打ち直し)は、愛着ある羽毛布団をそのままご使用できるので、買い替える気が進まないという方にはとてもおすすめできます。

皆さんの愛着ある羽毛布団を新品同様に再現しませんか。ご相談等ございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

オールシーズンタイプの羽毛布団はこんなに便利!羽毛布団リフォーム(打ち直し)でオールシーズンタイプに

羽毛布団にオールシーズンタイプがあることはご存知でしたか?オールシーズンタイプの羽毛布団は一枚で全ての季節に対応できるので、とても便利品です。

そこで今回、羽毛布団が季節によって種類分けできることやオールシーズンタイプのメリット、どうすればオールシーズンタイプにできるのかをご紹介します。

○オールシーズンタイプとは?

オールシーズンタイプとは、2枚合わせ羽毛布団とも言われ、春夏秋冬全てのシーズンでお使い頂ける羽毛布団になります。肌掛けと合掛けの二枚合わせで、ホックで取り外しができとても便利です。

○そもそも羽毛布団の種類にはなにがあるの?

羽毛布団は、もちろん中の羽毛によっても種類分けできますが、季節によっても分けることができます。

・冬用羽毛布団

寒い冬に適した羽毛布団で、皆さんが冬に使用する羽毛布団はこのタイプになります。膨らみが大きく、ダウン率も高い数値になります。

・羽毛肌掛け布団(ダウンケット)

基本的に夏に使用する、薄い羽毛布団になります。夏に羽毛布団?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、夏に冷房で身体が冷えたという経験はありませんか。冷房が原因で風邪を引くということもあるので、この羽毛掛布団が体温を適正に保ってくれるのです。

・羽毛合掛け布団

こちらの羽毛布団は秋から冬にかけて、また冬から春にかけて使用する羽毛布団になります。これから寒くなる、またまだ寒さが残る時期、冬用では暑いし、薄いのでは寒いし、といった場合に活躍します。体調を崩しやすい季節の変わり目に便利な一枚です。

上記の3種類に、オールシーズンタイプを入れた計4種類が羽毛布団の季節による分け方になります。

○オールシーズンタイプの特徴とは

・季節ごとに合わせて買うよりもお得

上記に挙げた羽毛布団をそれぞれの季節ごとに購入すると、とてもお金がかかってしまいます。しかし、オールシーズンタイプは、一つで全てのシーズンにご対応頂けるので、トータルコストが抑えられます。

・収納場所を取らない

それぞれのシーズンで購入すると、どうしても収納スペースを取ってしまいます。しかし、オールシーズンタイプの収納スペースは肌掛けと合掛けの二枚合わせで済むので、場所を取りません。

○羽毛布団リフォーム(打ち直し)でオールシーズンタイプに!

「オールシーズンタイプが欲しい!でもどうすればいいのかわからない。」とお悩みの方は、羽毛布団リフォーム(打ち直し)をおすすめします。

オールシーズンタイプの新しい羽毛布団を買わなくても、羽毛布団リフォーム(打ち直し)で頼めば、シングル、セミダブル、ダブルどのタイプもオールシーズンタイプに仕上げることができます。

オールシーズンタイプにしたいという方はもちろん、羽毛布団の機能低下や汚れが目立つという方もお気軽にご相談下さい。

羽毛布団のお家での洗い方とは?手順や注意点をご紹介!

羽毛布団をご家庭で洗えるのか、疑問に感じたことはありませんか?

結論から言うと、種類や物にもよりますが、ご家庭でも洗えます。しかし、羽毛布団の洗濯はとても慎重な作業になるので、誤った洗い方をすると、大変なことになります。

そこで今回、ご家庭で羽毛布団を洗う正しい方法をご紹介します。

○洗える布団か確認

羽毛布団などの汚れはほとんど水溶性のものなので、水洗いで行います。そのため、洗濯する前に撥水加工がされたものか確認する必要があります。

また、ご使用の羽毛布団にキルティング加工されているかもご確認下さい。キルティング加工されていないと、羽毛が偏ってしまい、綺麗に洗濯できません。

○使用する洗剤

洗剤を使用する際は、合成洗剤の使用はなるべく避けましょう。合成洗剤を使用すると、羽毛自体の油分も落としてしまい、羽毛の保温効果を弱めてしまいます。洗剤を使用するのであれば、中性洗剤か、布団洗い専用の洗剤を使用しましょう。

○洗濯機で洗う

ご家庭の洗濯機の容量を確認して下さい。一般的に8kg以上の容量であれば、シングルサイズの羽毛布団を洗濯できます。

容量を満たしていれば、布団が入るサイズの洗濯ネットを用意し、折りたたんで入れましょう。その後、布団を洗濯機の中へ入れ洗剤を投入し、洗濯機に布団洗いコースがあれば、それに従って進めていってください。

洗濯が終われば、しっかりと脱水し、取り出してください。そのあと、羽毛が偏らないように伸ばして軽く上下に振ってください。乾燥は晴れの日に行い、直射日光を避け風通しの良い日陰で干すようにしましょう。

外に干せない場合は、布団用乾燥機を使用して下さい。乾燥後は羽毛が全体に行き渡るように手でほぐしましょう。

○実はおすすめできないご家庭での洗濯

単に綺麗にしたいというだけであれば、なるべくクリーニング(丸洗い)でお願いするようにしましょう。羽毛布団の洗濯は繊細な作業になります。うまく洗濯や乾燥ができていないと、羽毛布団としての機能が衰えたり、カビが生えてしまったりします。

また、長く使用している場合、洗濯によって機能が戻るということはあまり望めません。羽毛に汚れが溜まっているだけでなく、劣化も進んでいます。特にこの場合は、羽毛布団リフォーム(打ち直し)にお願いすることをおススメします。

羽毛布団リフォーム(打ち直し)で、羽毛を復活させ購入時と同様の温もりを取り戻すことができます。

新品購入よりもリーズナブルな羽毛布団リフォーム(打ち直し)を、是非一度試してみませんか?ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

羽毛布団が暖かくなくなった!その原因や解決方法とは?

皆さんがお使いになられている羽毛布団は暖かいですか?羽毛布団は長く使用するものなので、購入時から時間が経てば経つほど機能が衰え、暖かく感じないということが起こってしまいます。そうなってしまうと、羽毛布団で乗り切りたい冬に、快眠が得られなくなってしまいます。

機能を衰えさせる原因は一体何なのでしょうか。

そこで今回、羽毛布団が暖かくなくなってしまう原因を説明し、その解決方法や暖かさを維持する方法も合わせてご紹介します。

○羽毛布団ってどうして暖かいの?

羽毛布団が暖かい理由は、羽毛には細かい毛がたくさんあり、それらが体温によって暖められた空気をしっかりとキャッチし、暖かい空気の層を作り上げるからです。

○どうして暖かくなくなるのか

購入してからしばらく経った羽毛布団では、羽毛が摩擦などにより前述した機能が低下します。長く使用しているうちに、人の汗や皮脂、空気中の水分などを羽毛が吸収し、だんだんと蓄積していきます。これにより、暖かくなくなるだけでなく、重く感じたり、膨らみが減ったりします。

こうなると、中の羽毛を換える必要が出てきます。寿命の一つのサインとなります。羽毛布団の寿命は一般的に10年、中の羽毛に関しては5年とも言われているので、違和感を覚えたら見直す機会かもしれません。

○羽毛布団リフォーム(打ち直し)で暖かさを取り戻そう

羽毛布団リフォーム(打ち直し)では羽毛を特殊な工程で復活させ、そこへ新しい羽毛を混ぜます。これにより、羽毛の機能が取り戻され、新品同様の暖かさが再現されるのです。

近年、羽毛布団は高騰しつつあるので、新しく買い替えるとなると、お値段が高くなることが考えられます。羽毛布団リフォーム(打ち直し)なら、新品購入よりも安く抑えられるので、コスト面でもメリットがあります。

○羽毛布団を長く使用する方法

羽毛の機能を取り戻しても、使用状況が悪いとすぐにまた寿命がきてしまいます。羽毛布団の寿命を延ばす方法としては、羽毛に溜まった汚れを落とすためにも、23年に一度はクリーニング(丸洗い)に出しましょう。こうすることで、羽毛に汚れが溜まりにくく、機能も維持することができます。

また使用する際には、布団カバーを装着し、羽毛が水分や汚れを吸いにくくしてあげましょう。

羽毛布団が暖かくなくなったという方、一度羽毛布団リフォーム(打ち直し)やクリーニング(丸洗い)を検討されてみてはいかがですか?ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

4. 羽毛布団リフォーム(打ち直し)は一体何ができるの?リフォーム(打ち直し)ならではのメリットとは

皆さんは「羽毛布団リフォーム(打ち直し)」という言葉をご存知でしょうか。近年、メディアでも取り上げられ話題となっています。その名の通り羽毛布団をリフォーム(打ち直し)するサービスなのですが、一体どんなことができ、どんなメリットがあるのでしょうか。

そこで今回、羽毛布団リフォーム(打ち直し)についてご紹介し、その内容やメリットをご説明したいと思います。

○羽毛布団のリフォーム(打ち直し)とは?

皆さんが羽毛布団を使用していて、以前よりも膨らみが無くなった、重く感じるようになった、温かく感じなくなったという場合、羽毛布団リフォーム(打ち直し)に出していただくと、新品時に近い状態のお姿に再現することができます。

○どんなことができるの?

基本的な工程としては、使えない羽毛と使える羽毛を分け、使用できる羽毛は洗って汚れを落とし空気を送り込んで、もとの姿へと変身させます。そこへ新しい羽毛を混ぜた後、丁寧に縫い付けて完成させ、お客様のご自宅へお送りするという流れになります。

単に羽毛の状態をよくするだけでなく、コースによっては羽毛の産地や側生地の柄を選べるので、新しく購入するよりも安価で高機能な羽毛布団が手に入るのです。

また、ダブルからシングルタイプ、また同じタイプでもオールシーズンのタイプなど様々な商品を取り扱っています。

○羽毛布団リフォーム(打ち直し)のメリットとは?

・コストを抑えられる

羽毛布団は高機能がゆえにどうしても高く、それに加え、近年羽毛原料価格が高騰しています。現在使用している羽毛布団と同等の品質のものを買うと、お値段が上がっているということも大いにあります。

しかし、羽毛布団リフォーム(打ち直し)であれば、羽毛を全て換えるということはないので、比較的安価に抑えられるのです。

・思い入れあるお品も長く愛用できる

何かを機に購入した、頂いたという羽毛布団は高級な羽毛布団が多く、引き続き愛用したいというお客様がたくさんいらっしゃいます。羽毛布団リフォーム(打ち直し)では、高級な羽毛をよみがえらせ引き続きご使用できるので、ご愛着ある温もりを維持します。

・環境に優しい

羽毛布団を捨てるとなると粗大ゴミになるので、エコという観点からも羽毛布団リフォーム(打ち直し)は環境に優しいと言えます。また、羽毛は動物の毛を使用しており、限りあるものです。

動物愛護の問題から価格高騰も起きているので、羽毛布団リフォーム(打ち直し)はとても良いものだと言えます。

是非一度、羽毛布団リフォーム(打ち直し)を試してみませんか?ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

羽毛布団の羽毛が出てくる原因とその対処法とは?

羽毛布団を使用していて、中から羽毛が出てきてしまったという経験はございませんか。使用年数だけでなく、使い方によって側生地が破れたり、それを早めてしまったりする場合があります。

また、羽毛の飛び出しは劣化を知らせる重要なサインにもなるので、敏感になる必要があります。

では、羽毛が飛び出してしまう原因には一体どんなものがあるのでしょうか?

今回、羽毛が飛び出してしまう原因とその対処方法をご紹介します。

○羽毛が出てくれる原因とは

羽毛布団は中身の羽毛とそれを包む側生地で作られています。羽毛が外へ出てきてしまう原因は、側生地が破れてしまっていたり生地の劣化が原因です。しかし、どうして側生地が破れてしまうのでしょうか?

・長年の使用による劣化

どんなものも長い間使用していると、劣化して傷んでしまいます。羽毛布団の耐用年数は10年ほどになっているので、長く使用し異変を発見した場合は、買い替えかリフォーム(打ち直し)を考えましょう。

・カバーをつけていない

日々使用するときは、カバーをつけてください。つけていないと、側生地がすり減っていき、破れてしまう原因になります。また、寝汗などの水分を吸収してくれる手助けにもなるので、劣化の防止や臭いの対策にもなります。

カバーは何度でも洗えるので、衛生面でも心配はありません。長もちさせるためには、必ず装着しましょう。

・干す際に叩く

羽毛布団を干す際に、癖で他の布団と同様に叩いてしまいがちですが、絶対に止めてください。叩いてしまうと、側生地を傷めるだけでなく、通気口や縫い目が裂けてしまう原因になります。ホコリなどは手で軽く払うぐらいにしておきましょう。

○羽毛が出てしまったときはどうすればいいの?

・羽毛が出てくる箇所が分かる

この場合はひとまず、補修テープや手縫いで対処しましょう。その他、何も異常が見られなければしばらく様子を見てもよいでしょう。購入してから年月が経っている、応急処置ではどうにもならないという場合は、すぐに専門のリフォーム業者に頼んだ方が良いでしょう。

・出てくる箇所が分からない

ご自身ではなかなか対処が難しいので、買い替えるか、使用を継続したい場合はリフォーム業者に頼むのが得策です。

リフォーム(打ち直し)では、中の羽毛の交換も行っているので、膨らみが減った、重さを感じるというのであれば合わせて見てもらいましょう。

適切に使用し、長く使いしましょう。何かご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

羽毛布団のお手入れ方法をご紹介!これで長く快適に使える

羽毛布団は快適なだけでなく、長い間使える便利なものです。多くの方が何年もご使用になられているのではないでしょうか。そんな素晴らしい羽毛布団をできるだけ長く、良い状態で使いたいと誰もが思うことでしょう。

しかし、洗濯が簡単にできない羽毛布団をどうやって長く使っていくか、疑問に思われる方がほとんどだと思います。

そこで今回、羽毛布団のお手入れ方法をご紹介し、長くご使用できる秘訣をお教えします。

○使用や管理方法

・布団カバーをつける

側生地の汚れや破れを防ぐために布団カバーをつけましょう。側生地とは羽毛を包む生地で、これが傷んでしまうと、中から羽毛が飛び出す原因になります。

また、側生地は羽毛が汚れないように守ってくれているので、羽毛を長持ちさせるためにも側生地を守ることは重要です。

カバーはすぐに洗えるように、替えのバーを用意しておきましょう。

・収納

朝起きて布団をそのままにしておくと、羽毛が傷みやすくなります。残った熱気や湿気が布団にこもり、羽毛にとってはよくない環境になります。起床後はしっかりと畳んで、収納しましょう。

ベッドでご使用の方は羽毛布団を裏返しにして肌側が空気に触れるようにすると自然と湿気が放出され快適にご使用いただけます。また、収納する場所も、タンスやクローゼットの上部などじめじめとした環境でないところを選んでください。

しばらく使用しない場合は、風を通してから通気性のよいケースにしまって保管しましょう。また、防虫剤などは必要ありません

○干し方

干すことで、羽毛の水分や湿気を取り除くことができます。しかし、羽毛布団は普段から水分を吸収したり放出したりしているので、頻繁に干す必要はありません。また、干す際は、色あせを防ぐために直射日光を避け、短時間にしておきましょう。

天気が悪く干せないときは、布団専用の乾燥機や除湿器などで乾燥できます。乾燥機ご使用の際は高温になりすぎないようにご注意ください。

○クリーニング(丸洗い)

汚れや臭いが気になるという場合は、一度クリーニング(丸洗い)を検討された方がよいかもしれません。しかし、クリーニング(丸洗い)によって、側生地や羽毛が傷んだりするので、頻繁に行うのは止めておきましょう。

羽毛布団のクリーニング(丸洗い)は水洗いになります。水洗いだと、羽毛に油分をほどよく残し、汚れを落としてくれます。どうしてもご家庭で洗いたいという方は、繊細な作業になるので注意が必要です。なるべく羽毛布団の専門業者にお願いしましょう。

お手入れで長く快適に羽毛布団がご使用できると良いですね。何かご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

羽毛布団の耐用年数や寿命を知らせるサインとは?

冬に大活躍の羽毛布団、軽いのにとても温かくて気持ちいいですよね。しかし、皆さん羽毛布団の寿命について考えたことがありますか?

劣化が進んでしまうと、保温性が低下したり、重くなったりして快眠が得られなくなる可能性があります。眠り心地の良い羽毛布団を使用するためには、劣化のサインを知ることが大切です。

そこで今回、羽毛布団の耐用年数や寿命を知らせるサインについてご紹介したいと思います。

○羽毛布団の耐用年数

羽毛布団の耐用年数は一般的に10年ほどだと言われていますが、羽毛布団の寿命と中身の羽毛の寿命は必ずしも一致しません。羽毛布団は当たり前ですが、羽毛とそれを包む側生地で構成されています。

快適にご使用になられる際は、中身の羽毛の寿命も考える必要があります。

羽毛自体の耐用年数はどんな種類の毛を使っているかにもよりますが、購入から5年経っていれば、一度見直す必要があります。

○寿命を知らせるサインとは

羽毛布団の劣化は見た目や体感から簡単に知ることができます。以下の項目を参考に、是非一度チェックしてみて下さい。

・膨らみが無くなった

中身の羽毛は、お使いの方の汗や空気中の水分を吸収し、蓄積していきます。もちろん、干すことで含んだ水分を放出してくれるのですが、長年の蓄積や汚れなどで傷むことにより、その効果も薄れてしまいます。

これにより、購入時の膨らみと比べると、かさが減ってしまいます。

・重く感じる

前述の通り、布団は水分を吸収します。就寝時に重く感じるということは、水分の放出効果が薄れ、布団に水分が蓄積されているサインになります。眠り心地が悪くなる原因にもなりますので、お早めにお手入れしましょう。

・中身から羽毛が飛び出す

側生地には、羽毛が外へ飛び出さないように、目詰め加工がされています。しかし、わずかな通気口や縫い目から羽毛が飛び出してしまうことがあります。

こういった現象が頻繁に起こるようになると、生地に穴や裂け目、ほつれがある可能性が考えられます。羽毛布団の生地は寿命が10年ですので、側生地の交換を考える必要があります。

・羽毛が偏っている

日々のご使用で、どうしても羽毛が特定の箇所に偏ってしまうことがあります。すぐに戻るようであれば大丈夫ですが、なかなか戻らないようであれば、羽毛に汚れが溜まっていることが考えられます。

こうした状態の羽毛布団は「リフォーム(打ち直し)」することによって改善することができます。愛着ある羽毛布団をよみがえさせる羽毛布団リフォーム(打ち直し)をしてみてはいかがですか?ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !